MENU
アーカイブ
カテゴリー

【4歳児】絶対読み聞かせたい!おすすめロングセラー絵本5選

recommended-picture-books-for-4-year-olds/
  • URLをコピーしました!

/SHAREしよう\

「4歳にはどんな絵本を読んだらいいの?」
たくさんの絵本が売られていてどれを選べばいいか迷いますよね。

そこでオススメするのが20年以上、長いときは100年以上、子どもに読み継がれてきたロングセラー絵本。

ロングセラー絵本を選ぶ良さはこちら。

・長い間読まれてきた魅力があるから、自分の子どもも夢中にりやすい

・整った長文や豊かな言葉が多いので、語彙力や読解力がグンと身につく

・絵本選びの失敗が減り、お金と時間の節約になる

この記事では絵本の勉強をした3児の母が、実際に読み聞かせたロングセラー絵本から、子どもの反応の良かった本をさらに厳選しました。
大人が読み聞かせを楽しめるように、絵本の裏話なども紹介します。

  • 未就学児3人のママ
  • 保育士資格を保持
  • 絵本に関する本42冊読破(更新中)

【X @riethica
/読み聞かせを100倍楽しく\
〇ココ見たら面白い!
〇絵本の裏話を発信中

タップで飛べる目次 

4歳の絵本の選び方

4歳さんにはどういう本がふさわしいの?
絵本を選ぶポイントをまとめました。

  • 長めだけど具体的なお話
    経験も増えてきてスケールの大きいお話も楽しめてくるころ。
    少し複雑なストーリーや感情も、子ども自身の感情を理解するのに役立ちます。
  • 昔話や童話
    話の内容も理解できるようになると、昔話や童話もグーンと面白くなります。
    世の中の大切なことをそれとなく伝えるお話で、子どもの心を深いところから育てます。

4歳児向けオススメ絵本

絵本の勉強をした3児の母が、実際に子どもに読み聞かせて、子どもが好きになった本から「これだけは読んであげたい!」と思うのを真剣に選び抜きました。

ねむりひめ 

少し長めの童話を読みたい方に。

実はこの絵本

姫の側にいつもいる隠れネコちゃんが登場します。

作者のホフマンが、病気で療養している次女のために描いた絵本。娘は猫が大好きで、可愛がっていた猫を登場させました。

¥1,430 (2024/05/19 16:40時点 | 楽天市場調べ)

待望の女の子が生まれた王さまは盛大なお祝いをひらきますが、招待されなかったうらない女現われ・・・・・・。グリム童話。
絵本情報▷絵フェリクス・ホフマン/ 訳:せたていじ(福音館書店)出版 ドイツ1959年 日本1963年。

バムとケロのにちようび

長男4歳もだ~い好きなバムケロシリーズ。

キャラクターの可愛さはもちろん、ストーリーも予想外で面白い。

家や雑貨や隠れキャラがどれも細かく描かれていて、ページをめくるたびに「バムのコップ!」「もぐらいた!」とまるで探し絵絵本をしてるようです。

¥1,650 (2024/01/07 06:45時点 | 楽天市場調べ)

雨の日曜日ですが、バムとケロがお家で過ごすと・・・・・・。
絵情報▷作:島田ゆか(文溪堂)出版 1994年

ももたろう

子どもに日本一有名な昔話。読み聞かせるなら、これ一択です。
112万部*も売られています。

有名な絵本編集者が細部までこだわったので、子どもに「ももたろう」のしっかりしたイメージが育ちます。

¥1,210 (2024/05/18 16:47時点 | 楽天市場調べ)

おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。おばあさんが川で洗濯をしていると、桃が流れてきて……。
絵本情報▷文:松居 直 / 絵:赤羽 末吉(福音館書店)出版 1965年

かいじゅうたちのいるところ

感情や気持ちの描写も楽しめてくるころに特におすすめなのが、こちら。

自分のやりたいことや冒険心と、守ってくれる誰かが恋しくなる子どもの絶妙な気持ちを代弁してくれています。

読むときは

絵の描いてある範囲にご注目。かいじゅうの世界に行くと絵も広がり、家に帰ってくると絵も縮みます。

月も三日月から満月に変わります。

¥1,870 (2024/01/13 10:48時点 | 楽天市場調べ)

マックスはオオカミの着ぐるみを着てイタズラを始めますが、お母さんに叱られて……。20世紀最高の絵本とも言われる絵本。
絵本情報▷作:モーリス・センダック / 訳:じんぐう てるお(冨山房)出版 1975年

いたずら きかんしゃ ちゅう ちゅう

おさがりでもらった1978年発刊の本。
「全国学校図書館協議会選定必読図書」のシールが貼ってある。

1冊は読んでおきたいバートンの絵本。

白黒の絵なのに、機関車の疾走感がスゴい。

ちょっと長めだけど、もたつかずに最後まで楽しめます。

世界傑作絵本シリーズ
¥1,320 (2024/05/18 16:47時点 | 楽天市場調べ)

小さい機関車のちゅうちゅうは、いつも重い客車や貨車を引いて走っていましたがある日……。
絵本情報▷作: バージニア・リー・バートン/ 訳:むらおか はなこ(福音館書店)出版  1961年

読む回数が多ければメリットも大きくなる

子どもが没入する魅力があり、勉強の土台も育てる厳選ロングセラー絵本を紹介しました。

ただし語彙力や読解力は、何回も読み聞かせするからこそ身につくもの。

子どもの成長はあっという間なので、明日からでも読み聞かせのラインナップに加えてみてくださいね。

*株式会社トーハンによる「ミリオンブック2023」参照https://www1.e-hon.ne.jp/content/cam/2023/millionbook.html

当サイトはロングセラー絵本検索サイトです。

▼年齢別!絶対読んで欲しい絵本を厳選!
0歳 1歳
2歳 3歳 4歳

▼その他のテーマで探したい方
検索ページにとぶ

記事がお役にたったら
\1タップ/

にほんブログ村 にほんブログ村へ
本当に励みになります。

 

SHARE
  • URLをコピーしました!

ブログの運営者

乳幼児3人を自主保育グループに通いながら自分で保育するアラサーママ。 子どもが可愛すぎて、子ども関連本300冊読み、保育士資格とりました。今は絵本に関する本を読み漁り、毎晩読み聞かせ。本当に子どもために作られたロングセラー絵本が大好き。自然で堂々とした絵、優しい色、丁寧な文、その良さが広まって欲しくてブログを作りました。 ブログのコメント、SNSリプとっても嬉しいです^^

\Follow me/

絵本トーク大歓迎♪

コメントする

CAPTCHA


タップで飛べる目次